"オー!" ノー、 オーガズム問題?〜オーガズムを得るには?〜




イクことができない気持ちは、誰もが知っています。実際、チャップマン大学の調査によると、35%の女性が普段からオーガズムに達するのが難しいと明らかになっています。男性の場合は5%です。これは、かなりのオーガズムギャップです。



確かにこの調査では、すべての人の問題を報告したわけではなく、上記の統計にはたまにしかイケない人たちは含まれておりません。

ここで強調しておきたいのは、たまにしかイケない人はオーガズム障害や無オルガスム症ではないということです。だから、たまにイケなくても、何の心配もいらない。あなたはまだ絶頂に達することができます。しかし、最後にイッたのが何ヶ月前だったかカレンダーに書き込むほど、オーガズムが珍しくなってきたら問題があるかもしれません。

なぜなら、これは快楽を体験する以上の意味があるからです。オーガズムは、ストレス解消にもなりうるのです。


免疫力を高める効果もあります。ですから、もしあなたがオーガズムの感じ方を忘れてしまったと感じているのであれば、それを何とかする時が来たのです。でも、どうすればオーガズムに悩むことがなくなるのでしょうか?





なぜ、イケないの?

セックスで絶頂に達することについて言えば、ストレスは何の役にも立ちません。特に、頭の中を整理してその場にとどまることが難しい場合は、なおさらです。あなたが誰かとセックスするとき、相手は「何か悪いことをしたのだろうか?」「満足したのだろうか?」と、不安を抱くかもしれません。一方あなたは、「なぜ私はオーガズムに達することができないのだろう」と思っているかもしれません。二人とも、なんだか失敗したような気になってしまうのです。もちろん、そんなことはありません。楽しいはずのことが、とてもプレッシャーになっています。


偽造する方が簡単だと思いませんか?説得力があれば、誰も気づかないでしょう。あるいは、ありのままを受け入れて生きていくか…。答えは「ノー」です、それでは何も解決しません。ここにおいては、オープンであることが最良の方針です。しかも、時計のように絶頂を迎えられるようにするには、たくさんの工夫が必要なのです。大切なのは、自分がなぜうまくいかないのかを知ることです。自分に合わないポジションがあるのでは?もしかしたら、他に準備が必要かもしれません。これらの問題を解決したら、次は、あなたを興奮させることができるものを探してみましょう。





オーガズムに達しにくいことは、身体と何か関係あるのでしょうか?


ほとんどの場合、彼や彼女が全くイカない場合、その原因はストレスやアルコール、薬などに根ざしています。しかし、場合によっては、オーガズムのトラブルの背後に急性の病気があることもあります。糖尿病やパーキンソン病のような深刻な病気のことです。まずは検査を受けて、これらの症状がないことを確認するのがよいでしょう。




オーガズムトラブルの心理的原因とは?

イケない人の理由で一番多いのはストレス。圧倒的に多いです。悲しみなどの他の感情があると、手放しで素晴らしい解放感を感じることは難しくなります。また、人間関係にストレスがある場合もあります。もしそうなら、そのことを指摘したり、問題を持ち出したりすることは避けましょう。なぜなら、非難や自責の念、プレッシャーの悪循環を生むだけだからです。

最悪の場合、オーガズムに到達することの難しさは改善されるどころか悪化します。

オーガズムトラブルの原因に心理的な問題がある場合は、カップルセラピーやセクシャルカウンセリングなどのカウンセリングを受けることで、"オー!“を取り戻すことに近づきます。




オーガズムを得るための具体的なコツは?


あなたが好きなときに甘い解放感を味わえるように、手放すのに役立つものが確実にあります。完全に安全で快適に感じられる、リラックスした環境を作ります。そして、これは非常に重要なことですが、常に大量の時間を確保してください(スローガズムのためのヒントもご参照ください)。しかし、一人でいるときにオーガズムに達するのに問題がない場合はどうでしょうか?そうなると、問題は一緒に何をしているのか、どのポジションにいるのかということになります。時には、パートナーがあなたの好きなものについて十分に知らないこともあるでしょう。それを解決するのは簡単です。あなたがそれについて話すだけでいいのです。



どうすれば、女性は あの素晴らしいオーガズム感をより早く得られるのでしょうか?

オーガズムがない?問題ありません。まずは、定期的にセルフプレジャすることから始めましょう。そうすることで、自分の体をよりよく知ることができるでしょう。また、時間の経過とともに血行が促進され、エロティックゾーンやホットスポットの感度が高まります。また、自分で自分の体を興奮させることで、すぐに興奮する方法を体に覚えさせることができます。これは、膣内オーガズムを得るための重要なステップです。まだまだ、セルフプレジャーのメリットを語り尽くせていません。このような練習を重ねることで、実際に膣が強くなり、セックスの際にぴったりとフィットするようになります。そうすることで、二人の喜びや欲求を長期的に高めることができるのです。


クライマックスが苦手な男性には何が効果的でしょうか?

医学的、心理的な問題がなければ、男の場合は、強度、圧力、摩擦の問題であることが多い。ペニスリングは、軽度の勃起不全にも効果があります。ペニスリング(NOS, ブーティーリング)は、ペニス内部に血液を閉じ込めることで、より充実した硬い勃起をもたらします。





”オーガズムギャップ”とは?


挿入だけではイケなくても、クリトリスを刺激すればイケるというのは、オーガズムの問題ではありません。その場合は、一緒にプレイするときに、その部分に意識を向けるようにすればいいのです。しかし、それが起こらないと、オーガズムギャップが生じます。この言葉が存在するのは悲しいことです。しかし、残念なことに、この言葉は「彼女はイケないのに、彼はイケる」という、あまりにもありふれた状況を表しています。その逆の場合もあります。確かなことは、オーガズムに関しては、男女平等ではないということです。



オーガズムギャップを縮めるにはどうしたらいいですか?

オーガズムギャップを解消するには、「何が必要か」「どこで」「どのくらいの強さで」を具体的に説明すれば、イケるようになります。素晴らしいことに、言葉は必要ありません。次に一緒にいるときは、自分がリードして、相手を自分に合った体勢にしてあげましょう。あるいは、相手が自分の思い通りの場所に触れるまで誘導してください。また、自分の手で相手を助けたり、適当な性具を持ち込んだりするのも良い方法です。また、「おもちゃを導入するとパートナーが怖がるのではないか」と心配されている方には、二人で楽しめるようにデザインされた素晴らしいカップル用のおもちゃがたくさんあります。





どのようにすれば同時にオーガズムを感じることができますか?

二人とも、別々にイかせるのが得意なんですね。でも、二人が同時に絶頂に達することはできませんよね?しかし、適切な技術があれば、それさえも問題ではなくなります。偶然にも、私たちはあなたのためにホットな情報を持っています。振動するNŌSペニスリングは、より強く、長持ちする勃起のためのすべてのFUNをあなたの両方に与えます。しかし、それだけではありません。NŌSはクリトリスを刺激することもできます。オーガズムの問題に終止符を打ち、いつでも好きなときに一緒になって楽しむことができます。